topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら2016年。ありがとう、皆さん。 - 2015.12.31 Thu

今年もあと20分ほどで終わりを迎えます。
新潟市は暖冬で雪が全く降らず積もらず。
過ごしやすいですが、いまいち年末気分になれません(^^;

そんな中、今日は今年最後の検診&トリミングでした。
朝イチに行きましたが、待合室で「いや~いや~いや~~!!」

わんわんっ!じゃなくて「ぴ~~ぃ~~ぴ~~ぃ~~」言っています。
あの笛みたいな変な声はどこから出てるのだろう(苦笑

昔はこんなんじゃなかったんです。
でも、手術してからですかね~、自分が病院に置いていかれるのが
相当ショックだったらしく…とにかく落ち着かないのです。
(あの頃、入院を何度かしましたので)

でも、無事にエコー検査&血液検査、トリミングも終了。
16時に再び迎えにいきました。
「ピィ~~~(遅い~~!!)」といいながらひじきは出てきましたが、
そこには正月飾りのブローチが!!

これは和犬に似合う!!
毎度ラブリーなブローチが多い中、唯一、柴犬男子に似合うのが正月モノです。
ひじき、お疲れさまでした。

検査結果も順調・良好でしたので、次の検診は半年後となりました。
よかったね~。今年ず~っと担当してくれた先生にもありがとうだねっ。


今年の大事件はやっぱりひじきの病気です。
「胆嚢粘液嚢種」。
一時命が危なくなり、入院・手術・退院するまでは何をしていても
なぜか涙がボロボロ出てくるような日々でした。

退院後、7キロまで落ちた体重も今では10キロとなり、
こんな笑顔でいつもそばにいてくれます。


そして、安心して眠ってくれます。


5日入院した時は、家の中がガラ~ンとして変な感じでした。
ひじきがのいないのはこんなに寂しいことなんだと痛感。
同時に夫の単身赴任が始まり、慌ただしい春でした。

でも、生きてる!ひじきは生きている!!
本当に神様ありがとう。
そして、応援してくださった皆さん、ワン友たちありがとう。

いろいろあっても、すべてま~るく収まったえ2015年でした。
よっしゃ~、只今23:55!!
皆さま、また2016年もよろしくお願い致します!!
スポンサーサイト

術後84日目~「私のせいだ」は薬にならない~ - 2015.06.21 Sun

週末の大仕事完了!!
赴任先から帰省した夫にひじきを預けて没頭してきましたが、
仕事中にわざわざこんな画像を送りつけてきます……(遠い目)
「ひーちゃんはネムネムです」と。
11407152_709740535820408_6016070896275793554_n.jpg
くぅぅぅぅぅぅ~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!
なんてかわいい寝顔なんだー!!!家に帰りたくなっちゃうじゃないか。

今夜は遅いので、この数日間の写真は明日にでも記事にしたいと思いますが、
これだけは書き残しておこうと思います。

友達のわんちゃんがとある疾患にかかってしまい、友達が大変落ち込んでいます。
私もそう。多くの飼い主さんがそう。
なにが「そう」って、愛犬が病気になった時、やっぱり思ってしまうのが、
「私のせいでこうなったんじゃないか?なぜもっと早く気づいてあげられなかったの?」ということ。

先日も3年前に愛犬を看取った友達と話していたのですが、
やっぱりいまだに口にするのは「なぜあの時…」でした。
今でも彼は自分のことをものすごく責めています。

うちの夫もそうだな~
かつての愛犬のことを想い返すと「どうして最期に…」といろいろあるみたい。
この辺は私は入れない領域です。
でも、入れなくて当たり前だし、入ろうとも思いません。
愛犬と飼い主の関係は誰にも入れない領域が必ずありますもん。

**********

私はひじきがこの春に手術をした際、今までを思い返せば思い返すほど
「悪化させたのは私のせいなんじゃないか?」と思いました。
ひじきがたくさんサインを出してくれていたのに分からなかったこともあるし、
気付いても「一過性のものだろう」と勝手に判断してしまったり。
ひじきと一番長い時間いる私が何も分かってあげてなかった気がして、
本当にかわいそうなことをしたと思っています。

ひじきは先天的に弱い個体ではありますが、でも、病気をもっと最小限に
抑えることもできたと思います。もっと早く今の病院にも行けばよかった…

でも、「~すればよかった」「~あげればよかった」と思っても、
生きている限り時間は前にしか進まないのです。
もし、時間が止まったままに感じたり、過ぎ去った時間のことばかり考えるのは
人間の思考がそうさせているだけ。
「時間」は無残なのか、はたまた心の薬となるのか、確実に前に進んでいるのです。

***********

愛犬の病気と向き合うのは本当に辛いことですが、
言葉を発せないこの子たちと向き合うには、飼い主が前をしっかり見ることが
大事なのかな…と思います。

そこにはどうしても前を向かせてくれる獣医さんとの出会いも大きいと思います。
素人があれこれ勝手に考えても埒が明かないことも多々ですしね。

ネットには多くの情報が溢れていて「うちの子はこれなんじゃないか」と
情報ジプシーになってしまいがちですが、やっぱり目の前でズバリ判断してくれる
プロの一言が一番です。私もひじきも今の病院と担当の先生に随分救われましたもん。
「あれこれ考えるなら、明日先生に聞こう」
こうやって過ぎた3月、4月でした。

************

自分を責めるだけ責めて苦しくなっている飼い主さんにはこうも言いたいです。
「責めているのは、あなたが愛犬を本当に愛しているからです」と。

病気と闘っている犬と暮らす飼い主さんたちへ。
共にがんばりましょう。

私たちが笑顔でいることも、愛犬たちにとっては「薬」なのです。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ご訪問ありがとうございます

我が家の”ひじき”です

sumicin

Author:sumicin
名前:ひじき(黒柴♂)
誕生日:2011年6月5日
我が家に来た日:2011年7月30日
住まい:新潟市の海辺沿いの街
性格:とにかくやんちゃ。強気。でも、実はビビリで甘えん坊。飼い主の仕事・食事・睡眠中は一切邪魔しないという空気が読める良い子の面も。
大好きなもの:散歩。焼き芋。マッサージ。ボール遊び。靴下。ニュース番組。
飼い主:夫(犬を飼うのは3匹目)
私(犬を飼うのは初めて)
同居人:私の父(無類の動物好き)
私の母(動物はちょっと苦手)

すくすくひじき

script*KT*

最近のひじき

最新コメント

カテゴリ

はじめまして (3)
0歳 (183)
ひじきの”初めて” (7)
ひじきの”日常”断片 (21)
ひじきの”お散歩” (95)
ひじきの”甘噛み” (8)
ひじきの”からだ” (23)
ひじきへの”手作り” (10)
ひじきと”たべもの” (4)
1歳 (213)
お誕生日おめでとう (2)
お散歩 (183)
たべもの (11)
ひじきの日常から (14)
からだ (3)
2歳 (158)
誕生日だ!おめでとう! (1)
ひじきと仲間たち (123)
ひじきの日常 (23)
ひじきに手作りごはんを (5)
ひじきとおでかけ (3)
ひじきの体調 (3)
3歳 (114)
お誕生日だね! (1)
ひじきとワン友たち (46)
ひじきにおいしい手作り (4)
ひじきの日常諸々 (33)
ひじきの健康 (30)
4歳 (116)
やったね!お誕生日! (2)
ひじきのお散歩風景 (77)
ひじきの日常一コマ (35)
ひじきやわんこたちに思うこと (2)
5歳 (23)
お誕生日♡ (1)
お散歩だよ (22)
未分類 (17)

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。