topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひじき生後三ヶ月にして「ためらう」 - 2011.09.05 Mon

今日でひじきは生後三ヶ月。我が家に来て1カ月と5日。
もう1年くらい一緒に暮らしている気分です。
犬の一生は短いというけれど、その分、共に過ごす一日一日がとても濃く感じる不思議。

ひじきが3カ月目に入るにあたり、私の中でモヤモヤするものがありました。
やんちゃで元気な姿は嬉しい。でも、いたずらについ噛んでしまう癖を本当にどうしたら
いいものかと…。ひじきは軽い気持ちでつい噛んでしまっても、日に成長するひじきの歯は
本当に鋭く痛いのです。 「ひじきに噛み返す」という捨て身の作戦も惨敗に終わった今、
果たしてどうすればいいのか、私の方が混乱していました。
ひじきの前に手を出すのがちょっと怖いな…と思う自分もいたりして。
こんなにかわいい子なのに、なんで私、こんな気持ちになっているんだろう、と。

夫を送り出して、ひじきと2人でベランダで遊びましたが、どこか遠巻きにひじきを眺める自分がいました。
ひじきもなんとなくうわの空の私と距離を取るようにベランダを行ったりきたりしていました。

で、やっぱり抱きあげるとまた噛み噛み。
え~~ん、ひじき、本来、狩猟犬である柴犬のキミの歯は本当に痛いんだよ(泣
なんてったって獲物の生肉をすりつぶすくらいの鋭い歯だもんね!ぎょへ~~!私の手、食べるなよ!

***************************

しかし、だからといって「放置」もいかがなものか。
ひじきをケージで寝かせてから、私も不貞寝(いい大人がw)をし、
また気分転換にベランダで遊ばせてから、ただただひじきを見つめていました。

そこに私の父が2階に上がってキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
煮詰まっている時は、無類の動物好きが登場してくれるとありがたい!
ひじきも父が大好き!!キャッキャ言いながら遊びました。
父は半ばスパルタなので、ひじきにアメとムチの要領で今日も「オスワリ」の練習。
P1160567.jpg

ひじきはオスワリ練習に飽きてくるとまた父の手を狙いに!
その時です。私の中でピンっとひらめいたことが。
思わず「お父さん、そのまま前に「いいこ、いいこ」って言いながら倒れて覆いかぶさって!」

「なんでぇ??」と言いながら、ひじきに覆いかぶさる父。
P1160563.jpg

「そのままひじきの背中にお父さんの胸をグッとつけて!」
父にはひじきの背中に自分の胸と腹をグッと押しつけてもらい、更におでこを床に付けてもらいました。
そうすると、ひじきは父の体の中に足の先から頭の先まで隠れる状態。

上から大きなものが自分に覆いかぶさることにひじきはビックリ!
ギャンギャン最初は鳴きましたが、父には「いいこ、いいこ、よしよし、大丈夫!」と
言い続けてもらい、ひじきが落ち着くまで体勢を崩さないようにしてもらいました。
するとひじきが鳴きやみ、父が「力が抜けてきてる」というのです。
そして、落ち着いたところで「よし!いいこ!行っておいで!」とひじきを放しました。

それからしばらくの時間、私と父で、ひじきが噛んだら覆いかぶさって落ち着かせるこの行為を
ひたすら続けました。何度もひじきは「放してよー!」とばかりに鳴きます。
でも、グッと胸と腹でひじきの背中に体温を伝え、私もおでこを床につけながら
「大丈夫、ひじきはいいこ。いいこ。いいこ。いいこだよ」と優しく言うと鼓動が落ち着くのを感じます。

こうして繰り返すうちに、ひじきの脳裏に「観念と安心」という文字が浮かんだのか、
なんと、噛むのをためらうようになったのです!
た・め・ら・う!!
こんな文字、ひじきの辞書にはなかったワー!
ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

その後、帰宅した夫にも、ひじきがテンション上がって手を狙ってきたら覆いかぶさる…を
何度もやってもらいました。すると大好きな夫の手も噛もうとしない!!
「噛む=覆いかぶさられる」がひじきの頭の中にインプットされ始めたようです。
ただ、これはもしかして「今日だけ」の出来事かもしれませんので、
明日も地道にこの行為を続けてみることにします。

**********************************

ひじきにしてみれば、プライドがズタズタになったのかも(笑
とにかく気が強いひじきは、こちらが強く叱れば「ムキーッ!」となり、
無視したところで「はいはい、無視ねw」とシラ~(苦笑

しかし子犬に人間が覆いかぶさればどんなに抵抗しても、人間が手を緩ませなければ脱出は無理。
「あぁ、自分より大きくて強いものがいるんだぁ…」と思ったのか、ひじきは少々呆然としていました。

うぅ、もっと早くこの方法に気付けばよかった。
一度、しつけ本に習って、座って股の間にひじきを挟んだ時、かなり嫌がったので止めてしまったんです。
ごめんよ、ひじき。もっと優しく包んであげればよかったね。

「しつけしなきゃ!」

では、やっぱり人間様のご都合と知恵が優先になるからダメですね(^^;
「しつけなきゃ!」じゃなくて「育てなきゃ!」が大事だと感じました。


そして、今まで私たちは、ひじきにとってはキャっっキャと過ごす「大好きな遊び友達」だったのかも。
でも、そんな私たちに覆いかぶさられ、互いの体温を感じた時、また違う関係になれそうな気がしました。
それはひじきを押さえつけるボスではなく、あったかい体温で包み込む親みたいなものかしら…
うん、そうね、そんな風になれたらいいな。

もし、愛犬のしつけでお困りの方がいたら、是非、あったかくわんこを包んであげてください。
彼らが早くにしてお別れした母犬のおなかの温かさを伝えるように。

**********************************

それにしても、犬の成長の早さには驚きます。
1カ月半前、ひじきに出会った時はこんなに小さかったのに…!!
hijiking14.jpg

今や立派な黒柴の道へ!!大きくなったなぁ!
P1160621.jpg

明日も元気に遊ぼうね!

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

選んだはず?いや、選ばれるのは人間?! «  | BLOG TOP |  » ひじきに「反省」という文字ナシ

ご訪問ありがとうございます

我が家の”ひじき”です

sumicin

Author:sumicin
名前:ひじき(黒柴♂)
誕生日:2011年6月5日
我が家に来た日:2011年7月30日
住まい:新潟市の海辺沿いの街
性格:とにかくやんちゃ。強気。でも、実はビビリで甘えん坊。飼い主の仕事・食事・睡眠中は一切邪魔しないという空気が読める良い子の面も。
大好きなもの:散歩。焼き芋。マッサージ。ボール遊び。靴下。ニュース番組。
飼い主:夫(犬を飼うのは3匹目)
私(犬を飼うのは初めて)
同居人:私の父(無類の動物好き)
私の母(動物はちょっと苦手)

すくすくひじき

script*KT*

最近のひじき

最新コメント

カテゴリ

はじめまして (3)
0歳 (183)
ひじきの”初めて” (7)
ひじきの”日常”断片 (21)
ひじきの”お散歩” (95)
ひじきの”甘噛み” (8)
ひじきの”からだ” (23)
ひじきへの”手作り” (10)
ひじきと”たべもの” (4)
1歳 (213)
お誕生日おめでとう (2)
お散歩 (183)
たべもの (11)
ひじきの日常から (14)
からだ (3)
2歳 (158)
誕生日だ!おめでとう! (1)
ひじきと仲間たち (123)
ひじきの日常 (23)
ひじきに手作りごはんを (5)
ひじきとおでかけ (3)
ひじきの体調 (3)
3歳 (114)
お誕生日だね! (1)
ひじきとワン友たち (46)
ひじきにおいしい手作り (4)
ひじきの日常諸々 (33)
ひじきの健康 (30)
4歳 (116)
やったね!お誕生日! (2)
ひじきのお散歩風景 (77)
ひじきの日常一コマ (35)
ひじきやわんこたちに思うこと (2)
5歳 (23)
お誕生日♡ (1)
お散歩だよ (22)
未分類 (18)

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。